お前ら『時空のおっさん』って知ってる?

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 03:17:22 ID:0keBqEvK0

 
実際の目撃談を淡々と貼っていく
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 03:18:22 ID:0keBqEvK0

転載元:http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1249064242/l50

2 コピペ1 sage 2006/02/25(土) 13:05:47 ID:makAN2W00
280 NO1 sage New! 2005/07/21(木) 20:15:12 ID:HOgLAxY60

2ヶ月ぐらい前に体験したことです。もしかしたら夢だったのかもしれませんが聞いて下さい。

朝、起きたのが10時だった。『もう、10時か・・・』

現在、大学は9時半から始まるワケだがいつも少し遅刻して行く自分は焦ることはなかった。

ちなみにオレの家から大学まで3分ぐらい付く距離。

朝の朝食(前日の残り物)を食べダラダラと支度をしてたんで、結局大学についたのが10時24分。(携帯で確認)

大学の中にはヒトは全くいなかった。というかゼロの状態。

自分は『皆、授業にちゃんと出てて偉いな』そんなことを思っていた。

3 コピペ1 sage 2006/02/25(土) 13:06:17 ID:makAN2W00 
281 NO2 New! 2005/07/21(木) 20:17:04 ID:HOgLAxY60 

それで、自分は教室に向かった。 

教室に着き、中に入ってみると誰もいない。 

『アレ?もしかして教室間違えた。』 

と思い、紙で確認したらやっぱし、今日の講義がある教室。 

おかしいなと思い、部屋を出ようとした瞬間に携帯がなった。 

ここからが、一番不思議なことなんだけど、その携帯の表示が『NOBODY』って英字でかかれてのよ。こんな英字とかって絶対に表示されませんよね? 

オレは、この時何を思ったか電話に出てしまった。

4 コピペ1 sage 2006/02/25(土) 13:06:47 ID:makAN2W00 
282 NO3 New! 2005/07/21(木) 20:17:39 ID:HOgLAxY60 

『はい、もしも・・・』

と言った瞬間に 

「お前、何でここにいるんだ!!」 

おっさんの声だった。 

『あなた誰です?』 

「そんなことはどうでも良い!!どうやってここに入ってきた!!」 

『はい?あなた何を言ってるんですか?』 

「外を見て見ろ!」 

『いたずら電話は止めてください!!』 

といい、オレは電話を切った。 

『・・・』 

しかし、少し気になり、教室のベランダ(2階)から外を見て見た。 

すると、教室から大学のグランドが見える。 

その中央にオッサンが立っているのが見えた。 

よくよく見ると、携帯電話らしきものを耳に当てているのが見えた。

5 コピペ1 sage 2006/02/25(土) 13:07:17 ID:makAN2W00 
83 NO4 New! 2005/07/21(木) 20:18:09 ID:HOgLAxY60 

オレがマジマジとおっさんらしき人物を見ているとおっさんがオレの方にゆっくり顔を移動させた。 

『ヤバイ!!』 

オレはそう実感した。 

すると、おっさんポケットに手を入れたんだ。 

オレは何か分からないが危険と察知して、ベランダからダッシュで出て教室から出た。 

その瞬間、体が伸びるような、初めての感覚に襲われた。 

『な、なんだ!!』 

と思っている時、目が覚めた。 

自分の部屋でオレは寝ていた。 

時刻は8時丁度だった。

6 コピペ1 sage 2006/02/25(土) 13:07:50 ID:makAN2W00 
284 NO5(終わり) New! 2005/07/21(木) 20:19:42 ID:HOgLAxY60 

不思議な夢を見たな。 

そう考えながら大学の準備をしているとある異変に気づいた。 

冷蔵庫を開けると前日の夕飯の残り物がなかった。 

台所にその食器だけが置いてあった。 

オレは、今でも思う。 

あの時見た、おっさんは時の番人ではないのか? 

ちなみに、おっさんの声も、見たときの姿などは一切覚えていない。 

でも、おっさんだという感覚だけは覚えている。 

なぜかは分からないが・・・。

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 03:22:14 ID:0keBqEvK0
65 本当にあった怖い名無し 05/02/06 11:12:00 ID:VG+AUKzZ0

怖い話しかどうかわかんないけどさ、日中、学校の授業中に余分に数分?過ごした事あるよ。

その当時中学生で、前日遅くまでゲームやってたのね。

んで案の定授業中にすごく眠くなってしまったのよ。

んでうとうとしてたんだけどそこで急に、「****!この問題やってもらおうか。」的な事を言われて前に出させられたんだよ。

んで黒板の前に立つんだけど、わかんないし寝ぼけてるしでぼーっとしてんのね。

んで恥ずかしいけどあやまってしまおうと思ってさ、「すいませんわかんないっす。」て言いながら横に立ってる教師の方見たんだ。

けど…。

いねえんだよ。誰も。教室にも誰もいないの。

しーんとしちゃってさ。どこからも音が聞こえないの。

なんかその瞬間日常ではありえない感覚がしてさ。

恐怖に近いんだけどちょっと違う。

持ちきれない違和感って言うのかな。

違和感に押しつぶされる感じですごい気分悪くなった。

66 本当にあった怖い名無し 05/02/06 11:14:50 ID:VG+AUKzZ0 

んでとりあえず窓から校庭を見たんだ。体育だったのかな?って思って。 

そしたらおっさんが校庭の真ん中でなにかしら作業してんのね。 

何してるのかな?って思った瞬間、おっさんがこっちに気づいてすごい不思議そうな顔で見たんだ。

次の瞬間おっさん慌てて上着のポケットに手入れたの。 

覚えてるのはそこまで。気づいたら俺自分の席に座ってた。 

んでさっきと全く同じ様に当てられて前に出ろって言われるんだけど、また消えるんじゃないかってすごい不安でさ、真剣に、「いや、僕いいです。いいです。」て言った。

めちゃくちゃ笑われたんだけどこっちは泣きそうだった。 

んであまりに真剣だったからか、その後保健室連れてかれたな。 

今でも不思議だなぁって思うんだけど、一番違和感があるのがおっさんが驚いたのも不思議そうにしたのも覚えてるんだけど、おっさんの顔も服装も全く思い出せないって事なんだよなぁ。

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 03:23:37 ID:0keBqEvK0
138 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2006/03/17(金) 13:15:17 ID:cYUsHSRhO

一年前大会前の大事な部活の練習がある日に寝坊してしまった。

急いで学校行ったら人のいる気配がなくて、部室にいるのかなと思って庭の方に行こうとした。

すると人がいて慌てたように「こっちに来るな!」って言われた。

俺は立ち止まって困ってたらその人が「よし」とか一人言いってて、その瞬間風景がぐにゃぐにゃ歪んで目の前真っ暗になってその場で倒れた。

気付いたらベッドの上。

夢かと思ったけど不思議なのは俺は毎日必ず夜11時半に寝るのに、起きた時間が11時11分だったこと。

結局翌日練習には遅刻もせず間に合った。

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 03:24:18 ID:0keBqEvK0
186 本当にあった怖い名無し sage 2006/05/23(火) 23:24:16 ID:iHcKz0i9O

うおおー!!スレタイ見てまさかと思いながら開いたら、そのまさかだった!

ちょっと興奮しちゃったよw 俺の話も書いとく。

高二か高三の時のときの話。

その日は球技大会の日で、俺が出場したのはソフトボール。

俺がピッチャーだったせいかボコボコ打たれて一回戦で負けたのねw

チーム(クラス)メイトは負けたから他の球技の応援に行った。

俺は悔しくて応援する気になれず教室に帰った。

その時クラスメイトだったSもついてきた。

教室につくとSとぐだぐだ話してたんだ。

187 本当にあった怖い名無し sage 2006/05/23(火) 23:30:49 ID:iHcKz0i9O 

途中で暇になって二人で将棋を始めたんだ。 

今思ったらおっさんくせー高校生だなw 

んでSに負けそうになったの。 

そこで俺が目をギュッて瞑って「ちょっと待ってくれ…w」って言いながら目を開けるとそこにSがいないんだ。 

将棋の譜面(?)見たらバラバラになってんの。 

そんで恐くなって人が見たくなって(球技大会の日だから人がいると思い)外見たら人影があった。 

ぽつんと一人。球技大会の日なのに。


188 本当にあった怖い名無し 2006/05/23(火) 23:34:20 ID:iHcKz0i9O 

俺目が悪いからおっさんかどうかわかんないけどたぶんおっさん。 

こっちに気付いたみたいでゆっくり歩きながらポケット?をもぞもぞしてた。 

それ見て、こわっ!って思った瞬間頭がぐわんってなって将棋をうってるシーンに戻った。 

Sはこっち見ながら「待てない」と言った。なんかそれも恐かった。


189 本当にあった怖い名無し sage 2006/05/24(水) 04:04:46 ID:bT4WjqwPO 

おっさんどんな格好してた? 


190 本当にあった怖い名無し sage 2006/05/24(水) 04:39:04 ID:1Jt8fcjPO 

よく覚えてないんだすまんorz 

ただ普通の服装だったかと。 

なんだあの服は!みたいには思わなかった。

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 03:27:03 ID:0keBqEvK0
228 本当にあった怖い名無し sage 2006/06/07(水) 19:14:38 ID:TojBIBXT0

厨房の時だった

親戚の姉ちゃんの結婚式に家族で北海道に行った。

挙式も無事終わり、後はのんびり旅行がてら「洞爺湖」ってとこに行った。

湖の真ん中に島がぽっかりあるんだけど、直ぐ近くのペンションに泊まった晩の事。

風呂はせっかくだからってんで近くの対岸の観光ホテルで入った帰り道、俺だけ自販機でジュース買おうとしたんだ。

100円玉落して転がる先を追いかけてったら、何かさっきまでと気配が違う感じがした。

見上げるとさっきの自販機がすぐ近くにある。ジュースを買いそのまま開けて家族を探すと辺りに全く人が居ない。

ええ?!って感じで探し回ったけど人の気配そのものが無い。半泣きになって探してたら
後ろの方(湖)がした。

「ぼうず、ここは来ちゃダメなんだよ」

おっさん立ってた。すっげー安心するのよ。その声が。

もう俺「わ~~~」って、そのおっさんに駆け寄った。助けてぇ!みたいな感じで。

頭撫でられた感じがして瞬きしたら、いきなり自販機の前の路地にいた。勿論ちゃんと家族や他の人間もいるこっちの自販機のそばに。

アレなんだったろ・・・

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 03:30:17 ID:0keBqEvK0
685 本当にあった怖い名無し 2007/01/28(日) 11:10:28 ID:SU4qdmBL0

わ、わ、わ、ちょっと、今このスレ発見してまじビビってる。

たった一週間前に似たような体験しちまったから、ちょとt報告する。

分かりにくいかもしれんが許してくれ。

俺バスケ部なんだけど先週の日曜、練習試合だったんよ。

んで、俺一応レギュラーだから試合でてたんだ。

で、ここら辺のことよく覚えてないんだけど、相手チームの投げたボールが走ってた俺の頭に直撃したらしくて俺そのまま試合終了までぶっ倒れたワケよ。

で、目覚めてたら病院にいた。

上の話は後で仲間から聞いたんだけど・・・ここからが不思議な話。

俺の記憶だと、倒れた後すぐに目覚めてるんよ。多少頭がグワグワなってたけど全然大丈夫だった。

で、すぐに走り出そうとしたら、周りに人がいないわけよ。

687 685 2007/01/28(日) 11:19:06 ID:SU4qdmBL0 
続き 

は?って思って、これ夢か?って思った。 

本当にシーンとしてんだよ。静かすぎて耳がクワーンてなる。 

すげぇ怖くなって、かなりテンパった。 

とりあえず体育館でて道路に出てみたけど本当に車一台なかった。 

俺、夢でも見てんだなって無理やり解釈しようとしたけど、心臓はバクバクw 

とりあえずまた体育館に戻ってみたんだ。 

そしたら体育館の奥・・・校長が挨拶するようなところ(高くなってる所な)に男が立ってたんだ。いい年した中年の髭面だった。

で、何か俺に話しかけたんだけど・・・そこだけがどうしても思い出せないんだ。他のことは鮮明に覚えてるのに。

俺はその人に「助けて」って言ったような気がする。ここら辺から記憶がおぼろげなんだ。 

で、その直後から視界が暗くなって回りはじめた。めまいみたいな感じ。 

んで、気づいたら病院のベッド。 

みんなにこのこと話してもドン引きされるか夢オチ扱いで信じてもらえんかったw 

だから俺自身も夢だと思ってたが・・・ 

今このスレ読んで、俺ってそのおっさんに助けられたんかな?

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 03:32:15 ID:0keBqEvK0
814 本当にあった怖い名無し sage 2007/03/18(日) 04:15:17 ID:aBdEzHuQ0

昔見た恐い夢。

寝れないなーと思って布団でぼんやりしてると、すんごい勢いで投げ飛ばされた。なんか逆バンジーみたいな感じで。

山の中に吹き飛ばされてて、寝間着(つーかジーパン(チャック全開でベルト無し)とユニクロTシャツ)のまま。

いってぇなちくしょーとか思いながら、回り見ると真昼ながらうっそうとした森。しかも遠くから花火っぽい音が聞こえてくる。

夢の中ながら「何よここ?」と思いつつ、花火やってる方にいきゃー人が居るだろと思いながらしばらく歩く。

なんか夢の中にしては疲れるなぁオイ。と思いながらだんだんでかくなって行く花火の音。同時におかしい事に気づいた。

連発し過ぎ?熊野大花火でもここまで連発してない。長時間。

なんなんだろコレと思いながら、轟音がすぐ近くから聞こえて来てた。

んで丘超えようと上がりきったその時に理由が分かった。

向こうの山で戦争やっとる。しかも片方日本人くさい集団が。

「いくぞー!」とか「死ねやぁーーー!」とか「おんどらーーー!」とかそんな感じの声が爆音とワァーーーーー!!!って歓声と一緒にかすかに聞こえる。しかも日本人やられまくっとる。

山の頂上になんかこんもり居るのと、下にこんもり居るのこっち日本。

ちなみに俺視力2超えてるから間違いない。変な日の丸もあった。 

たまに右翼とかがやってる後光さしてる日の丸みたいなの。もうかたっぽはなんかイタリアみたいな3色の国旗だった。

もうグロイグロイ。隠れながら見てたけど、豆粒みたいな人間が団子になってガァーっと行って砂煙が立って、誰もいなくて。 

やな夢だなーと思いながら見てると「敵じゃーーーーー!!!いけーーーーー!」ってでかい声がして鉄砲もった日本人がいつのまにか近くに来てた。

うっへぁこりゃマズいわと思いながら逆方向に逃げると向こうには外人が。英語じゃなかった希ガス。 

ほんとに肝が冷えた。マシンガンみたいなのとか大砲とか、とにかく鉄砲系が一杯こっち向いてた。

815 本当にあった怖い名無し sage 2007/03/18(日) 04:29:18 ID:aBdEzHuQ0 

で、パパパっ、と光ったらすごい轟音。

ぎゃーとか、わーとか、助けてくれーとにかくなんかよくわからん悲鳴とか、なんかつぶれた音とか、もう悲惨な光景だった。

人間が死ぬ時の声は聞いた事無いが、すっごいリアルな声だった。 

煙が晴れたら周りに誰もいなかった。地面は黒か血の赤で。

あんまし思い出したくないものが沢山落ちてた。人の部品とか。 

でも、何故か俺は無傷で、煙が晴れたとき妙な事に気づいた。

弾が止まってる。人も。ごっつい弾も止まってた。 

空中に手の破片っぽいものとかも、血もそのままの飛沫の形で止まってた。なにこれ?って思った 

そんとき足つかまれて、「後生や助けてくれぇー、死にたくないー」って声かけられた。 

見るとハゲたおっさんだったけど、右手が千切れてた。

なんかやたらぶっとい血管?からかしらんけど、血がぴゅーぴゅーでてた。 

あかん、このおっさん死にそう、と思ってあわてて助け起こそうと手を伸ばした瞬間、別のおっさんの声で 

「あかんなぁ、手ぇだしたら。矛盾するで」 

と言われた。なに言ってんだこのボケ、こいつ死にかけてるだろ!と思って振り向いた瞬間、すんごい勢いでまた逆バンジー。

布団の中に居た。涙がしばらく止まらなかった。 

すっげぇやな夢見たと思った。あまりにもリアルすぎてあまりにも悲惨すぎた。 

それまでも戦争映画って見なかったけどそれからは戦争映画自体を避ける様になってしまった。 

友達が見てたプライベートライアンを見るハメになってしまったが、アレの最初のシーンが近い。爆弾が爆発すると、ほんとに人が消えるし、宙を回転しながら飛ぶんだよ。マジで。 

あんとき足つかんだおっさんも普通のリーマンみたいなおっさんだったし、親近感あったのもあり戦争自体の恐怖がかなり色濃い。 

正直プライベートライアンの最初のシーン、恐すぎてガタガタ震えながら見てた。

友達は笑ってたけど、あれが現実ならカメラの外でもっとぐちゃぐちゃなんだよ、と思った。 

夢だと思ってたんだが、このスレ見てると昔のどっかの戦争にいったんじゃないかなと思った。 

最後のムカツクオッサンの声も時空のおっさんの声なのかもしれない。 

実際に戦争をみたんだとするのなら、戦争がどんなもんなのかわかった気がする。無理だわ、あれは。

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 03:35:19 ID:0keBqEvK0
837 本当にあった怖い名無し 2007/03/28(水) 01:36:56 ID:pzy0nEr3O

はじめまして。私も似たようなものを体験したので書かせてもらいます。

上手く書けるかわからないけど最後まで付き合ってくれたら嬉しいです。

当時中3だった私は春休みを迎えました。春休みは高校生になる一歩手前の時期なわけですよね。てことでうちの親は燃えてましたよ…。そして毎日塾通い。

13時~19時まで授業がありました。受験終わったのになんでこんなに勉強してんだろーとか思ってました。

いい加減嫌になった私は塾をさぼりました。当然家にもバレますよね笑

やはり説教。腹が立った私は自分の部屋の押し入れに隠れました。

そして『誰もいないところに行きたい。親なんか消えろよ』とずっと願ってたんです。

押し入れの中で友達にメールを打っていると急に圏外に。

842 本当にあった怖い名無し sage 2007/03/28(水) 07:53:56 ID:pzy0nEr3O 

寝ました(´・ω・`)
続き↓ 

『この携帯使えねえな』とイライラMAX。

しょうがないな。と思いリビングに行き飲み物を飲みにいきました。

なぜかシンとしてるリビング。

まああんな親でも出かけるんだろーなーて思ったカラたいして気にしてなかった!冷蔵庫をあけると何もない!汗 

あのくそ親~!むかついたけどしかたなくコンビニへ。携帯、財布持ってコンビニへ行った。

やっぱり人なんかいなくて、なぜかコンビニに明かりもなくて恐くて半泣き

843 本当にあった怖い名無し sage 2007/03/28(水) 08:06:52 ID:pzy0nEr3O 

携帯圏外だし…やばい。本当お化けとか嫌だなー恐いよー(´;ω;`)出るなよ?とか思いつつ神頼みしかねえよなーとか思って神社に。暗いなか恐かったよ、まじで。

そしたら急に携帯鳴ったの!バイブ。

ぶー ぶー ぶーえ?まさか圏外脱出?!て安易な考えしか出来ない私。 

844 本当にあった怖い名無し sage 2007/03/28(水) 08:08:01 ID:pzy0nEr3O 

それでも友達からの電話だと思って、嬉しくて着信画面見たらNO BODY。

すげーなーてか誰?て思った。私、知らない人の電話てとらないのね。だから出るか迷ったんだけどやっぱり恐いし出ることにしたんだ。

845 本当にあった怖い名無し sage 2007/03/28(水) 08:09:40 ID:pzy0nEr3O 

出たらいきなり『そんなとこで何してるの?』て。 

『え?で、でも(´;ω;`)』て人の声に安心したから泣いてしまった。 

そしたら木の影からおじさんが出てきて頭ぽんぽんしてくれて、『元の世界に帰らなきゃねえー』て。

そしてぽけっとに手を入れた。起きたら押し入れの中でした。

友達に打ちかけのメール画面だった携帯を握ってました。 

リビングに行ったらちゃんと親がいてまだ説教しようとしてたけど、それがまた嬉しくて泣きそうになった。

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 03:39:08 ID:0keBqEvK0
42 本当にあった怖い名無し 2007/05/28(月) 02:37:09 ID:7I/membYO 

昨日のことだが。 

夜、布団に入ったのは覚えてる。 

俺は時々、夜中に近所のコンビニに出かけるのだが、昨日は何か変だった。 

コンビニまで歩いた記憶がないのに、コンビニの前にいた。 

寝ぼけて来ちゃったのかなーと思いながら、財布だけ確認してコンビニに入った。 

普通コンビニって、夜中でも何かBGM流してるはずなのに、そこはもの凄く静か。店員も客もいない。 

俺、このスレのことを知ってたからやばい予感がした。 

パンをいくつか持ってレジに行ったら、奥から店員が出てきた。
その店員、名札はいつものバイトの兄ちゃんなのに、顔は初老のおっさんだった。 

おっさんはいきなり、「おまえ、何してる?」って言って、後ろのカウンターに手を伸ばした。 

その瞬間、コンビニの電気が全部消えた? 

よく分からんけどいきなり真っ暗になった。 

反射的に後ろに下がったら、壁に背中が当たった。 

自分の部屋に戻ってた。 

パジャマのポケットに財布が入ってたから、むちゃくちゃ怖いんだが。 

俺、本当にコンビニに行ったのかな?

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 03:40:29 ID:0keBqEvK0
132 本当にあった怖い名無し 2007/07/05(木) 23:37:06 ID:6myvOKMB0

洒落怖まとめサイトから流れてきました。

私が見たのはおっさんではないんだけど、似たような経験をしたので書かせて下さい。

その日は高校受験で、私はいささか緊張しながら電車を待っていました。

時刻表よりも数分早く来たのは、その駅からいつも乗っている薄緑の四角い電車ではなくて新幹線っぽく鼻?が少し尖った白っぽい車体でした。

で、まあその時間帯付近の電車なら目的の駅に行ける筈だと思って、徹夜明けの頭で扉の前に立って(今思うと変なんだけど、扉にも車両にも窓のない電車だった)扉がぷしゅーっと音を立てて開いたら、すぐそこに女の人が立ってて「えっ!?」と声を上げた。

で私もえ、なに?と思ってその人の顔を見たら、私の方を見てめちゃくちゃ驚いてる。

何か自分が変な格好でもしているのかと制服や鞄に目をやって気付いたんですが、さっきまで同じく受験生っぽい学生やサラリーマンでごった返してたホームに全く人気がないんです。

街中なのに何の音もしないし、自分の呼吸と髪の毛が耳に触る音が妙に大きく聞こえました。 

驚いてその女の人の顔を見たら「どうやってここにきたの!?」か「何故ここにいるの!?」か 
とにかくそういうニュアンスの事を詰問口調で言われて「え?え?」と戸惑っているうちに、女の人は慌てて奥に引っ込んでいって、呆然としてる私の前で扉が閉まり、その直後、不意に耳栓を外されたみたいに人の声とかがしだして、周囲を見たらさっきのとおり人がいっぱいいるホームでした。

振り返っても電車なんかなくて、反対側のホームが見えるだけでした。 

とくに時間が進んだとか戻ったって事もなかったし、緊張と寝不足で立ったまま夢見たんだと言われたらそれまでなんですが(友人に言われた)

あの、自分以外に立ってる人間がいないホームを振り返った時の胃が冷たくなるなる感じは夢と言うにはリアルだったなー、と思うのです。 

ちなみに、はっきりとは思い出せませんが女の人は髪が長くてけっこう美人だった気がします。思い出が美化されているのかもしれないけど。

145 132 2007/07/07(土) 01:35:48 ID:YesRW4qH0 

それで本題の報告というか、相談なんですが、>>132を書き込んだ後、なんだかどんどん電車の中にいた女性の外見を忘れてきてるんです。

132を書いてる時点では雰囲気とか服装の感じとか、不鮮明ながらも覚えてたんですが今思い出そうとすると、明るかった筈の電車の扉の向こうが薄暗くて、そこに立っている女性が人型だったかどうかもあやしいんです。 

見たときに自分が「髪の長い女性」と思った事は思い出せるんですが、実際にその人の姿を思い出そうとすると、どんどんぼやけるというか、かすんできてて……

過去におっさんを目撃した方、まだこのスレにいらっしゃるでしょうか? 

同じような現象が起きている方がいたら教えて頂きたいです。 

なんだかあの空間の事を全て忘れてしまいそうで怖いんです。 

私大丈夫でしょうか?

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 03:42:45 ID:0keBqEvK0
250 マメ sage New! 2007/07/24(火) 19:52:33 ID:nVS9lV/90

人生でたった一度だけ体験した不思議な出来事です。

適当に書くんでだるい人は読まなくていいです。

仕事の昼休み、飯を食い終わっていつものように車に乗り寝ようと思い目をつぶったその瞬間、パッと見たこともない景色が現れた。

一瞬何が起きたがわからなかったが、とにかく状況を把握しようと周りを見まわした。

そこは神社らしく、鳥居と前に賽銭箱がある祠があり、そばにヤクザ風のおっさんが15人位立っていた。

「やばい、ヤクザだ!」と思い、気づかれないように立ち去ろうとすると、「おいコラァ!!そこで何してるだわりゃあ!!」というドスの利いた声が聞こえてきた。

「うわぁ~、気づかれちゃったよ」と思い恐る恐る振り返ると、その中のおっさん2~3人が罵声を発しながら近づいてきた。

252 本当にあった怖い名無し sage New! 2007/07/24(火) 20:15:06 ID:nVS9lV/90 

「何だわりゃあ、どこのもんだ!?」と聞いてくるヤクザ。 

「○○市の××です。」と本名を答える俺。 

「カタギかぁ?カタギのもんがこんならとこにいるじゃねぇ!!」と怒鳴りながら何故か携帯を取り出し、どこかに電話をしだすヤクザ。 

「自分す。××××入りました。○○お願いします。」 

聞いたこともないような言葉で誰かに何かを伝えたその瞬間、景色が元に戻り、自分の車の中だった。 

時計を見ると一分も経っていない。 

異世界か霊界のようなところに入り込んでしまったのか、未だに謎な話。

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 03:44:38 ID:0keBqEvK0
193 名前: オーバーテクナナシー 投稿日: 2007/10/21(日) 10:44:04 ID: qtqg3AKa

オレの兄貴が小さい頃行ったつってたよ。

なんか泣きながらさまよってたら変な帽子かぶったオジサンがいて「なんでここにいるんだ!」って言われたらしく「わからないわからない」って言ってたら「なんか食ったか」と言われ、食ってないと答えたら「そうかよかったな。なら大丈夫だ」っつって急に電話しはじめて、気付いたら椅子に座って何かをする動作の途中だったらしい

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 03:45:19 ID:0keBqEvK0
703 本当にあった怖い名無し sage 2007/12/09(日) 20:13:45 ID:njuefQjlO

箇条書きにして書きます。

テスト勉強のため図書館に自転車で行った

途中で気分が悪くなって目の辺りを押さえて下を向いた

前を向いたら車とか人とかが消えていた

しばらくしたらヤクザみたいな人が「何してんだコラッ」と叫びながら走ってきた

凄く怒られた後、連絡をとろうと携帯っぽいものを出した

必死で話しかけるも怒られるばかりで殆ど相手にしてくれなかった

連絡がとれたみたいだな、と思ったらいつの間にか元に戻ってた。

こんな感じです。ひょっとしたら夢かなとも思ったんですが顔に怒られた際についた殴られた後があったんで夢じゃあないのかな、と思ってます


704 本当にあった怖い名無し sage 2007/12/09(日) 20:22:23 ID:24k0numf0 

それは時空のおっさんではなく、川の手前にいるおっさんでは…。 

手違いで来てしまったお前さんを戻す為に、少々乱暴ながら殴ったのでは…。 


705 本当にあった怖い名無し sage 2007/12/09(日) 20:22:25 ID:U+vY8nHG0 

なんて言って怒ってたのかもっとくやしく


706 本当にあった怖い名無し 2007/12/09(日) 20:43:40 ID:njuefQjlO 

三途の川の番人…じゃあ無いと思いたい。怖すぎる。 

何でここに来た、どうやってここに来た、仕事がなんたらかんたら…、みたいな感じ。 

そういえば二つ質問に答えてくれたよ。 

自「時空のおっさんって呼んでもいいすか?」 

時「勝手にせい」 

自「こっちに来るにはどうすればいいんすか?」 

時空のおっさんの顔が険しくなって 

時「…次は帰れんぞ」 

って言われた。…今思い返したら超怖かった… 


708 本当にあった怖い名無し 2007/12/10(月) 10:45:58 ID:ymfd/RiBO 

>>706
 
報告乙です。 

次は帰れんぞ!って、ちゃんと忠告してくれるおっさんは優しいな。 

殴ってまで怒ったのも、なんだかおっさんの愛を感じる。(706さんは痛かっただろうが…) 

とりあえず、時空のやーさんに助けてもらって、無事に戻ってこられて、本当によかったね!

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 03:47:46 ID:0keBqEvK0
739 本当にあった怖い名無し sage 2007/12/23(日) 01:44:09 ID:HHPH1pFI0

似たような経験がある!

小学3年生ぐらいだったかな。授業中だったのね。

担任の先生の授業を聞いてたんだけど、ふと気付くとずーっと同じ言葉を繰り返してるのね。

周りを見渡したんだけど、誰も気づいてない。気づいてないどころか動いてない。

もう、怖くって。どうしようと思ってたら、教室のドアががらって開いて、作業着を着たおっさん登場。おっさんのほうを見たらおっさんもこっちをみて、びっくりしてた。

担任の先生はずっと繰り返してるし、同級生は動かない。

おっさんがあわててポケット(?)に手を入れたら、なんかぼやっとして元に戻っていた。というか、少し前に戻ってた。

またあの言葉が繰り返されるのかと思ってどきどきしたんだけど、そのまま授業は続いた。

時空のおっさんだったのかなー。なんかバグったのを直したんだろうか。

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 03:48:36 ID:0keBqEvK0
838 本当にあった怖い名無し 2008/02/23(土) 20:22:11 ID:rz75KhRj0

俺の体験談

2004年の4月1日のPM5時ぐらいに起こった出来事なんだが。

久しぶりに知り合いが遊びにこいといったので、電車と徒歩で25分ぐらいかな

で、俺は、電車に乗って次の駅で目的地ってとこで急に眠たくなって少し目を瞑ったんだよ、で起きなきゃと思い目を開けると何故か部屋の一室に居てここ何処だろうと思ってみてるとだんだん見覚えがある場所だと気づいて俺が今向かってる友人の家の中だとわかった。

でも、誰も居なくて外に出ようとドアを開けたら周り一面真っ暗闇で向こうの方にに真っ白のスーツを着た人が立っていて、俺は一瞬怖くなったけど何か知ってるかも、と思ってその人の方へ向かっていった

で俺が近づいてくるのかわかってたのか、その人がこちらに向かって歩いてきた 

でその人はサングラスを掛けていて身長180cm以上で25歳以上 

髪型は、短髪 変な首輪をつけていた 

でその人がいきなり「×××君、ここに来ちゃだめだ、戻れなくなる、引き返してあの家に帰るんだ」 

なぜか俺の名前を知っていて、俺は「ここは何処なんですか?さっきまで電車にいたハズ何ですが・・」というと、「稀にこういった場所に迷い込む人が居るんですよ。私はそこに迷い込む人を元の場所に案内しなければならない」で、俺はこの人が言ってることが本当のような気がして「ありがとうございました」って言って友人の家に引き返した。

で友人の家に入ると急に目の前が暗転して目がさめたら「×××駅です~」というアナウンスが流れて扉が開いた。丁度目的の駅だった。

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 03:51:07 ID:0keBqEvK0
26 1/2 sage 2008/05/14(水) 17:42:42 ID:g8KCLg+a0

幼馴染の友人の話ですが、ずっと気になっているので、ここで書かせて頂きます。

説明はその子から来たメールに手を加えた(固有名詞や文体の言い換え程度)ものです。

小2の時、公園の滑り台で数人と滑っていた時、私が途中で落ちる事件があったんだけど、その時の話。

『あ、危ない!』と思った瞬間、知らないおじさんに抱きかかえられました。

そのおじさんは「危なかったね」と言いながら私を地面に降ろしてくれたんだけど、その時一緒に滑っていたはずの友人たちの姿はなく、また、青かったはずの滑り台が黄色になっていて、その公園の周りにあった木や家がなくなっていて、代わりに見たこともないようなピンクやブルーなどのパステルカラーの家が並んでた。

私は思わずそのおじさんに「ここどこ?」と聞き返したら、そのおじさんはその質問には答えず、「1回だけだからね」と意味不明なことを言ってた。

その時、私を呼ぶ声がして、振り向いた瞬間、病院のベッドの上にいました。

頭から落ちたのに、無傷でどこにも異常はなく、しばらく鉄の女というあだ名がつきました。

おじさんの話をしても誰も信じてくれませんでした。「そんな人いなかった」と。

27 2/2 sage 2008/05/14(水) 17:45:05 ID:g8KCLg+a0 

それから20数年経って、こないだの連休で小さい頃住んでいた町に行こう、ということになり、その公園に行って私は大変驚きました。

公園の滑り台が黄色に塗り替えられ、公園の周りにはピンクやブルーなど、パステルカラーの家々が並んでいたのです。あの時、おじさんに助けられた時に見た風景です。

その家々はどう見ても数年しか経ってないし、私が小6でその街を離れるまで、その公園は変化なしだったはず。驚きと恐怖のあまり、その公園に入れなかった…。 

あのおじさんは一体…??」 

以上、ここまで。 

私もこの時一緒に遊んでたメンバーなんだけど、そんなおじさんいなかったし、彼女が「公園の周りにピンクやブルーの家があった・滑り台が黄色になった」と言う話は確かに聞いてたので、私も公園の周りに家が建ったときはめちゃくちゃ驚きました。(その家々が建ったのは2年前です) 

この話を友人に話したら、時空のおっさんでは??と言われたので、ここに来た次第です。 

落ちるときに未来に飛ばされて、そのおじさんに助けられたとしか思えない…。 

「1回だけだ」というのも気になります。

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 03:53:05 ID:0keBqEvK0
146 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/14(木) 15:50:14 ID:q2AYlDMVO

自分の体験

深夜、やっとレポートを終わらせて風呂に入っていた。

少し目を閉じ、開くとなぜか近所のレンタルビデオ屋の前にいた。

誰もいないし、車はあっても周りに誰もいない。

誰もいないから全裸でいいやと思い家に帰ろうと歩いていた。

家の近くの公園を通りかかると、おっさんがいた。

やばい全裸見られたら通報沙汰だって思ったんだ。

するとおっさんが振り返って

「なんでここにいる!!」

と言われおっさんが何か動作をすると、目眩に似た感覚に襲われて気がつくと風呂にいた。

駄文すまん

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 03:53:52 ID:0keBqEvK0
36 1/2 sage 2008/09/20(土) 23:00:13 ID:CT7hZDw50

十年前、俺が小学六年生の時の話

ある日学校から帰る途中人通りの多い交差点で信号待ちしてたら突然時が止まったみたいに自分以外の周りの人や道路を走ってる車とかが一斉に止まった

え?何これ?と思ったとたん交差点のど真ん中に男と女の二人組みがいきなり現れた

本当にいきなり、ッパって感じで

見た目は普通の、どこにでもいそうな感じの若い男女だった

ただ二人とも全身黒っぽい服着て黒ずくめだったのが印象に残ってる

で現れるなりこっち見て声そろえて「あ」って言った

俺は何か知らんがヤバイと思って逃げようと走り出したが男の方に追いかけられて腕つかまれた

俺はすぐにでもそこから逃げたかったけど腕つかまれたことで完全に恐怖で動けなくなった

男が俺の腕をつかんだまま女に向かって「失敗してんじゃねーか」とか「失敗だけならまだしも姿見られたのはまずい」みたいなことを言ってた

女の方は必死に男に「すみませんすみません」って何度も謝ってた

男はしばらく「どうするか」とか「まずいよなー」とか言いながら困った様子だった

そしたら男がいきなりこっちを向いて「このこと誰にも言うなよ?」って言ってきた 

俺は怖くて必死で「言いません!言いません!」って言った 

横で女が「それは駄目ですって!ばれたら余計にまずいことになりますって!」って言ってたけど男が「バレなきゃいいんだよ、そもそもお前が失敗したから~」とか言って揉めだした 

結局男が女を言い負かしたみたいで女は何かしょぼんとしてた 

男がかがんで俺と同じ目線になって「これやるから絶対誰にも言うなよ、頼むから」って言ってつかんだままの俺の腕を引っ張って手に何かを握らせた

俺が「わかりました、絶対誰にも言いません」って言ったら手を離してくれて、そのまま頭わしわしなでながら「すぐ元通りになるからもうお家帰りな」って言った

女の方も「脅かしちゃってごめんね」って申し訳なさそうに言った

37 2/2 sage 2008/09/20(土) 23:00:58 ID:CT7hZDw50 

俺は男にもらったものをポケットに押し込んで言われたとおりに止まった人達の横を通り抜けながら走って家に帰った

玄関で靴を脱ぎながらお母さんも止まってるんだろうかと不安になった 

止まったお母さんを見るのがなんとなく怖かったので、いつもお母さんがいる居間の方を見ないようにダッシュして自分の部屋に入った

ランドセルを片付けてると居間の方からテレビの音とテレビを見て笑ってるお母さんの笑い声が聞こえてきたので居間に行ってみたらお母さんが驚いた顔して「いつ帰ってきたの?」って言ったのを見て、元通りになった、と安心した 

お母さんに今体験したことを言いたくて仕方なかったが言わないと約束したので言わなかった

部屋に戻ると男にもらったもののことを思い出してポケットから取り出してみた 

和紙っぽい紙に包まれた飴みたいだった 

包み紙から出してみるとちょっと白っぽい透明な飴で中心部分が虹色のマーブル模様みたいになってた

流石に食べるのはヤバイだろと思ったが、この頃の俺は酷く食い意地が張っていたのと好奇心に勝てずにその飴を食った

味はめちゃくちゃ美味かった 

今までに食べたことの無いような味でその美味さはとても言葉では表現できない 

とにかくものすごく美味かった 

その後ももう一度その飴が食べたくて毎日のように交差点の付近をうろうろしたりしてみたけど、一度もその男女に会うことは出来なかった 

中学2年の時に遠方に引っ越してからはその交差点に行くことも出来なくなってしまったけど、今でも道を歩いてるときに交差点を見るとこの体験を思い出す

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 03:57:20 ID:0keBqEvK0
[124]俺 07/07/18 23:46 TLTRi392hi

今日初めてこのスレみたけど、俺も時空のおっさんかな?多分その人にあったよ。

高校の下校中に電車に乗ったんだけど、そんときたいして混んでない、というかスカスカに近かったんだけどさ。

まぁそんで友達と話していたんだが急に回りの音が聞こえなくなったんよ、他の人達と違って音は聞こえないんだが周りの奴らは見えるのよ。

なんじゃこりゃ!耳がおかしくなったか!と思いつつ友達に話しかけても無反応、どうなってると思ってたら後ろの車両からおっさんらしき人物が近づいてきてボソっと喋ったんだ

「どうやってこれたんだ?坊主」

って言ってきた、何故このおっさんの声は聞こえんだ?と思いつつ、ここにこれたって?という疑問もある。

そう考えてたら友人が「何アホ面かましてんの?」とかほざいてさ、急に音が聞こえてきたと思ったらおっさん消滅。

あれ一体なんやろね

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 03:59:22 ID:0keBqEvK0
[209]住人 07/09/01 15:00 E-hyn32

確か俺が8歳ぐらいかな?

俺の家は商店街の魚屋で年中無休で営業してたんだ

でもその日目覚めたら家に誰もいなくて店を閉めてるわけでもないのにほんとに誰もいないわけ

俺は「客が来たら大変だ」と思って一人で店番してたんだそしたらすぐに異変に気付いた

時計見たら朝の9時ぐらいなのに店の奥の家の入口から見る外の景色を見ると朝の明るさが感じられないっていうか、簡単に言うと夕方に違いでも夕方でもなくなんていうかグレーの夕日

オレンジな明るさがまったく感じられないっていうか

10分ぐらい店番してて気付いた

さっきから一人も店の前を通っていない

それに気付いたら今まで音が聞こえない事にも気付いたんだ

ほんとに怖くなってリビングの冷蔵庫にもたれかかって座ってたんだ

音が聞こえないのが気持ち悪いのでテレビをつけることにしたんだけどどの局も砂嵐のザーッってなっててそのザーって音もしない

当時ビビりだった俺は直感的に「幽霊が近くにいる!」みたいな事を思ってすぐに家を出たんだけど商店街なのに誰もいない店は全部開いてるのに声も聞こえない

[210]住人 07/09/01 15:27 E-hyn32 

歩いてるとおじさんがいた 

走って駆け寄っておじさんのシャツに捕まって泣きついた 

「なんでここにいる?」 

「他に誰にも会ってないか?」 

とか聞かれてわけもわからず首を横に振った 

「ここは俺の地域じゃないんだけどなぁ」 

おじさんは明らかに困ってた 

「仕方ない,おじさんが助けてあげるから目を閉じて3つ数えて」 

言うことを聞いて目を閉じた 

頭痛が消えた感じがしたので3つ数える途中で目をちょっと開けてみた 

真っ暗だった、ほんとに真っ暗 

おじさんのシャツをつかんでたはずなのにおじさんはいなかった 

気づくと冷蔵庫の前にいた 

母が「あれ?今あんた二階にいたじゃない いつ降りて来たの」 

俺は安心してそれどころじゃなかった 

この話は誰にも信じてもらえなかったけどここの人ならと思い書きました

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 04:00:51 ID:0keBqEvK0
402 本当にあった怖い名無し sage 2008/12/22(月) 23:53:22 ID:GWPXFM240

小学生のときで、微妙にあやふやなんだがな・・・

下校中とかに意識が飛んで、気付いたら何十メートルも歩いてるってのが日常茶飯事な危うい子供だったんだ

で、その中で何度か風景は同じなのに、何か違う場所で気付いたことがあった

誰もいなくてさ、何て言うか・・・寂しいんだよ

世界から取り残されたような感覚

そこで3度ほどお姉さんに会ったんだ

初回はどうしたの?って感じで優しく話しかけてくれて、そのままオレの手を引いて談笑しながら歩いて・・・気付いたら人が居る場所に出て、お姉さんはいつのまにやらいなくなってた

2回目はちょっと戸惑ったような表情で、君・・・前にも、会ったよね?ってぎこちなく笑いかけてくれた。後は前とおんなじ

で覚えてる限りじゃラストの3回目。やっぱり同じお姉さんだったが、そのときは少し恐かった。

思いつめたような表情で、「君歩いてるときとか、気付いたらずっと先に居たってこと、ないかな?」と聞かれた

よくあることなんで、よくそんな感じになります、と答えた

そんでまあそこからはやっぱり世間話とかしながら、人通りのあるところまで手を引いてくれて、でもそのときは最後まで居てくれた

で、そのときに言ったことが問題なんだな

もうしばらくはこんなことはないだろうけど、大人になって、また知らない間に歩いてるようなことがあったら、また会えるかもしれないねって笑いかけてくれた。

で、オレは今22歳の大学生。暇なんで各地のいわゆる歪んでるところとかをめぐってみたんだ。

幸い出身地が兵庫という、地味ながらもオカルト系には事欠かない土地だったんで、地元でも日帰りでまわった。

そんなことを続けてたからかな。最近またあの感じが出てきたんだよ

コレって、勧誘フラグ?

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 04:01:00 ID:inrNNhfI0
( ̄□ ̄;)!!

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 04:02:00 ID:LeruJpRk0
なつかしいな

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 04:02:01 ID:0keBqEvK0
461 本当にあった怖い名無し sage 2009/01/23(金) 03:09:23 ID:Uq/bXpKM0

>>402
とちょっと似た体験あるんで書いてみます。

小学3年生ぐらいの頃、母親と地元の商店街に買い物に行った時のこと。

買い物に待たされるのが退屈で、近所のおもちゃ屋に行こうと母親と別れた後、うまく説明しづらいんだけど、突然まわりが誰もいない状態に。

なんていうか、まばたきしたら無人の商店街になってたみたいな感じ。

お店の電気とかは付きっぱなしなのに、誰もいないのがすごく怖かった。

半分泣き面で突っ立てると、道の向こうから大学生くらいのお姉さんが歩いてきたんだ。

俺の前までくると、「こんな所でどうしたの?」って優しく話しかけてきて、「誰もいなくなっちゃった…」みたいなことを言うと「じゃあ、一緒に帰ろうね」と手を握って、商店街の出口の方へ連れていってくれた。

一緒に歩いている時、お姉さんが「たまにね、こんな事があるの」と困ったように笑っていて、商店街の出口にあるアーチまで来ると「またね」とポンと背中を押してくれた。

その瞬間、まわりから賑やかな音が聞こえてきて、人通りも元の状態に。

その後、母親にこの事を話したけど信じてくれるどころか、病院に連れていかれて脳波検査みたいなことさせられたよ…。

医者に同じ事を話すと、「貴重な体験をしたね」と笑ってた。

検査結果はもちろん問題なしでした。

今日初めてこのスレを読んで、久々にその時の事を思いだしたので書き込んでみました。

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 04:03:24 ID:0keBqEvK0
228 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/04/25(土) 00:26:33 ID:e3Tq9gQp0

オカ板で書くどころか覗き始めたのもつい最近の者で、何か暗黙のルールみたいなのがあったらごめんなさい。とりあえず書かせていただきますね。

20年近く前の話になります。当時、私は小学4年生でした。

近所にすり鉢状の滑り台がある公園があり、とても変っているので小学生には大人気で、学校終わってすぐ行かないと取り合いや順番待ち、横暴なジャイアン的上級生の圧政など、面倒なことが増えるので、その日も学校が終わったら親友のT君とその公園で会う約束をして走って帰りました。

家に帰るとランドセルを放り投げ、自転車に乗り猛烈に漕ぎました。

最初は何も考えてなかったのですが、何か変だと思い停まったのです。

するとさっき渡ったはずの信号が遠くの方にみえました。と、いうより今自分が停まってる所はさっき通った所なんです。

どこから同じ道だったのかわかりません。

ただ、その公園へは毎日のように行ってたので、道を間違えるはずもなく、景色も覚えています。

なのに、「はい、今からさっき通ったとこ」という瞬間がわかりませんでした。いつのまにか同じ道だったのです。

そして、おかしいのが、全く人気がないのです。

何の変哲もない住宅街ですが、いつもなら立ち話する主婦、道路で遊ぶ子供、大きい道に抜ける車、なにかしら人の動きがある道です。それが全くない。

家の中は見えませんが、家自体に人の気配がないのは子供ながらに感じました。騒音も全くありませんでした。

とにかく数百メートル先の信号まで行くことにしました。でも、漕いでも漕いでも何故か近づけないのです。 

はっきりとは見えませんが、信号がだいぶ先に固定されていて、信号のちょっと手前の風景だけが流れている感覚。 

どんだけ漕いでも着かないので遂に疲れ果て、漕ぐのを止めました。そしてだんだん心細くなって泣き出したのです。 

わんわん泣いていると先の角から年の頃は40ぐらいのおっちゃんが歩いてきたのです。 

今思うと携帯電話で話しながら歩いてきました(当時は携帯電話はなくトランシーバーだと思った) 

そして泣いてる私を見つけると「いた、いたわ」と言い近づいてきて「よしよし、怖かったな、お家に帰ろうな」と言い、頭をなでられた瞬間、後ろから車が、いつの間にか騒音もいつも通り。 

なんかよくわからん内に何もかも元に戻ってました。

230 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/04/25(土) 00:32:12 ID:e3Tq9gQp0 

なんか、長くなってしまいすみません。 

その後、なんかよくわからなくなったけど、とにかく公園へいくとT君はまだおらず、10分ぐらい経ってT君が来ると「お前早いなー」と言われ「いつ着いた?」と聞かれ10分ぐらい前、と言うと「嘘つくな!俺めっちゃ飛ばして来たって、10分前ってまだ学校帰りやんけ」と言われたのです。

そう、公園の時計を見ると学校を出た時間から考えて15分しか経ってないことになってたんです。 

学校→家→公園は最低でも20分かかるコース。

もう、何がなんやらわけわからんくなってまた泣き出してT君は自分のせいで私が泣いたと思いオロオロ。 

とりあえず全てを説明して二人で「なんやろなー」と言ってました。 

あれは一体何が起こったのでしょうか・・・

これを書いたときは出かける時間が迫っていたので、最後の方は結構適当に終わらせてます。 

時間が経ってしまって申し訳ないのですが、あの話に後日談というか、もうちょっと気になる事があるので書かせて頂きますね。 

要所で纏めるのが下手なので、かなり長いです。申し訳ありません。 

─公園にてT君と話し「なんやろなー」「こんな事誰に言っても信じないだろうから誰にも言わないでおこう」となりました。 

が、そこは子供。数日も経てば誰かに話したくてウズウズしておりました。 

T君もそれは同じだったみたいで、ある日の休み時間、前日のちょっと怖いTV番組の話をしてた時にT君が勢い余って「そう言えばこないだコイツ~」と切り出してしまいました。

すぐに「あ・・」となりましたが、時既に遅く他の友人は「何?何?」と興味津々。 

という事で私が最初から話しました。聞き終わると「えー信じられへん」とか「すごいなー」とか様々な反応でした。 

特に嘘つき呼ばわりされなかった事にホッとしたのを覚えています。 

で、その日の放課後「Hちゃん」という女の子が話しかけてきたのです。 

「今日、私の家に来て。ちょっと聞いて欲しい事あんねん」と言うのです。(私は文体や一人称のせいで勘違いされている方もいらっしゃるかも知れませんが、男です。) 

『え・・・これって、まさか・・・え?マジすかwww』と思っちゃったりもしました。今は反省しています。

そして家に帰ってランドセルを置いてHちゃんの家に行き、Hちゃんの部屋へ通されました。 

結構仲は良かったので家に来るのは初めてではなかったのですが、常に他に誰かいたので、二人だとなんか恥ずかしい感じでした。 

Hちゃんはそんな私の気持ちを知ってか知らずかちょっと楽しそうに私を見ていました。 

それに堪えられなくなって「で、聞いて欲しい事て?」というと、ちょっと神妙な面持ちになり切り出しました「私もそのおっちゃん知ってる」「!」 

何でも休み時間に私が件の話をしているときに、Hちゃんはまた違うグループで横でお喋りしていて、友達と話しながら私の話を聞き耳を立てていたそうです。 

ここから覚えてる限りのやりとりを再現します。子供の言う事なんで脱線も多く話の組み立ても今思うと滅茶苦茶なのですが、ある程度整然と直しております。余計な部分は省いております。また、京都なので関西弁丸出しなんですが、読みにくいと思いますので極力直しております(おっさんだけは聞いたままにしておきます)

「え、どういう事?知り合い?」 

「違う、知り合いじゃない。でも私も誰もいない所で迷った事があって、その時会ったのがたぶんそのおっちゃん」 

「いつ頃?どこで?」 

「去年の今頃(9月でした)かな?M君(私)が迷ったって言ってた所らへんでやっぱりいつの間にか一人になってて・・・でも私はそんなに変だと思わなくて・・・で、家に帰ったの。そしたら家の鍵は開いてたんだけど、さっきまでいたお母さんがいなくて・・・」 

「そうなんだ。それは怖いよね」 

「うん・・・で、お母さんがいつもいくおばさん(近所の親戚の家)の家に電話したの。そしたら誰か知らないおっちゃんが電話に出て」 

「あ、もしかして」 

「うん。でね、私は間違えちゃったと思って『間違えました』って言ったら『お譲ちゃん、ちょ待って!!今一人?』って聞いてきたの。なんか気持ち悪くて電話切って、もう一度かけたの。そしたらまたおっちゃんが出たから何も言わずに切っちゃって・・・それから怖くなって寂しくなって自分の部屋で泣いてたの」

「それからどうしたの?」 

「ちょっと泣いたらそんなに怖くなくなったからおばさんの家に行こうと思って外に出たの。そしたらやっぱり誰もいないし車もいない。この時にやっと『あれ、おかしいな?』って思ったの」

「遅くない?」 

「自分でもそう思う。でね、おばさんの家まで行ってチャイム押したけどやっぱり誰もいないの。で、おかしいのが玄関先に犬小屋があって犬がいるはずなんだけどそれが無かったの。なんかおかしい事が重なりすぎちゃってそこでまた不安になって涙がでてきちゃって今度は泣きながら家に帰ったの」 

「ちょっと待って、あそこの信号(私が近づこうとしても近づけなかった信号)渡れた?」 

「うん、でもそう言えば信号の電気付いてなかったかも」

「そうなんだ。で、家には帰れたの?」 

「うん、家には帰れたよ。で、また部屋で泣いちゃったの。もう誰とも会えないと思って。で、しばらく一人で泣いてたらチャイムが鳴ったの。もしかしたらお母さんかな、と思ってドアの前に行って覗き穴で覗いてみたらお母さんじゃなくおじさんが立ってたの。知らない人だと開けちゃダメって言われてたしなんか怖くってドアの前で固まっちゃったの。そしたら外でそのおじさんが『お譲ちゃん?さっき電話でお話したおっちゃんなんやけど』って言ったの。なんでそんな人が来ちゃったんだろって思って余計に怖くなって・・・泣きながら部屋に戻って布団に入って震えてたの。そしたらそのドア(部屋のドア)をノックして・・・もう怖くって怖くって」 

「えー、じゃあ家の中に!?」 

「そう。で、この部屋の外で『お譲ちゃん?怖がらせてごめんな。お譲ちゃんはねぇ今迷子なんよ』って言ったの。で、続けて『ここはお譲ちゃんの家なんやけどお譲ちゃんの家やないんよ。外に誰もおらんやろ?ここはいつもお譲ちゃんがいるとことちょっとちゃう(違う)とこやねん。で、おっちゃんはお譲ちゃんみたいな迷子をお母さんの所に返してあげるおっちゃんやねん。おっちゃんの事信じてもらえへんかな?』って言って・・・それを聞いてなんだかおっちゃんが必死だったから信じられたの。だからドアを開けたの。そしたらM君が言ってたみたいなおっちゃんがいて、しゃがんで私と目線を合わせてニッコリ笑って『もう大丈夫やからな。さ、帰ろか』って言って頭をポンってされたの。そしたらおっちゃんが消えてしもて・・・」

「一瞬でだよね?僕の時もそうだったよ!」 

「もう、おっちゃんが助けてくれるとおもったらおっちゃんまで消えちゃったからまたわんわん泣いちゃって。そしたら部屋にお母さんがいきなり入ってきて『あれ?さっき出かけなかった?って何泣いてんのん?』って。やっとお母さんに会えて嬉しくて嬉しくて抱きついて泣いちゃった」

「じゃあやっぱり違う世界から帰してくれたんだ」 

「そうだと思う。」

と、こんな感じです。その後、二人で話しを続け分かった事です。 

・おっちゃんの身体的特徴は同じ。 
・二人とも何故か顔をあまりよく思い出せない。 
・Mちゃんは携帯電話と思われる機械は見ていない。 
・服は作業服 

それから何年経ち二人は同じ高校に進みます。 

久しぶりにHちゃんの家に行き、Hちゃんのお母さんに「しばらく見んうちに大きくなったねぇ」なんて言われてる時にふと、この事を思い出して「昔に出かけたはずのHちゃんが家にいて泣きじゃくってた事があったと思いますけど覚えてますか?」って聞いてみました。 

すると、お母さんはしっかりと覚えてて「あー、覚えてるわぁ。もう何があったんかと思った。(Hちゃんから話を聞いて)怖い夢でも見たんかと思ったんやけど・・・あんたも同じような事あったらしいなぁ」と言ってました。

さらに「おばちゃんも昔山の中でぐるぐる同じとこ回った事あるしなんかわかるわ」なんて事もさらっとのたまってました。 

なんでもドライブ中に抜け出せなくなったらしいです。これが同じ現象かどうかはわかりません。でも、Hちゃんは私が会ったおっちゃんに間違いなく会ってます。 

そして、このスレを教えて頂き、このスレのみならず「時空のおっさん」で検索すると似たような話も・・・

一体「時空のおっさん」とは何者なのでしょうか。そしてあの世界は・・・ 

以上です。長々とすみませんでした。

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 04:17:29 ID:QOwoyifL0
初めて知ったわ時空のおっさん

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 04:19:30 ID:5/WERG8CO
>>69
俺も

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 04:25:23 ID:DUToiNDu0
やっぱ時空のおっさんの話はゾッとするね

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 04:27:23 ID:SmDQsR+gO
てかさ、おっちゃんは迷子見つけると毎回すごい驚いてるよね

少なくともこのおっちゃんは同一人物ではないよね

でも行動とか携帯電話の件とかで一致してるから同じ組織の可能性が高いよね

時空迷子センターの職員か?

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 04:28:44 ID:gYnm+hX10
それだよ

なんで驚くのかわからん

なんでおるんや!?

てなるのはわかるが何がそんなにビビることなんかと

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 04:30:28 ID:RC70MtyRO
>>1
今後もこういうスレ立ててくれ。面白い

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 04:43:02 ID:Arh5iobY0
本来その世界ではおっさんとその組織の者しか存在しないハズだからびびってるんじゃないか?

たまに迷子が来るとしても極めて稀なケースなんだろう

あとこの話を見て怖いとおもったこと、もしも時空のおっさんが見つけてくれなかったらどうなってしまうのかって考えるとgkbr

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 04:58:27 ID:Arh5iobY0
この話って体験者はどれも子供~青年くらいだよな

何か関係あるんだろうか?単に年配はネット使わないだけか?

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/01 04:27:09 ID:gYnm+hX10
読んでたら会いたくなった。 

でも殴られたくねえ