不可解な体験、謎な話~enigma~②

6: 本当にあった怖い名無し ID:aiKtaNnm
既出かもしれんが
俺真剣に胎内の記憶あるんだわ
なーんか赤っぽいとこだったなー



9: 本当にあった怖い名無し ID:zqCeyBkN
>>6
うわー、実は私も!!
なんか、どっくんどっくんっていう一定間隔の音の時は
すごく心地よくて、それが乱れると苦しい-っていう感覚が
あった。
もの心つく年頃までずっとそんな同じ夢ばかり繰り返し見てて、
なんだ?って思ってた記憶がある。



101: 本当にあった怖い名無し ID:cbHFmktS
俺のアパートのすぐ隣は林になっている。
そこはカラスの寝床と化しているんだが、一月ほど前の話だ。
前日昼寝しすぎた俺は、夜中眠れなかったので明け方まで起きていた。

すると誰かが窓の外で
「おはよーございまーす」と言う。
気のせいかと思って無視しているとまた「おはよーございまーす」と声がする。
俺はカーテンを開けて外を見た。誰もいない。
あたりはまだ寝静まっているし、テレビはつけていない。
おかしいなあと思って窓を閉めると、また声がした。
「おはよーございまーす、カァ」
カラスの声だ。カラスがしゃべっていた。
この間は「こーんにーちはー」と言っていた。ネタじゃなく。カラスって知能高いっていうから
しゃべったりもできるのかと思った・・



123: 本当にあった怖い名無し ID:pW9WY9K1
>>101
カラスは人の言葉をモノマネするって聞いたよ(TVで見たこともあった気がする)
簡単な言葉に限るみたいだけど(舌の構造の問題とか)
九官鳥と一緒だね、多分



103: 本当にあった怖い名無し ID:YOAiknqr
もうすぐお盆ってことで俺が経験した話を一つ・・・

あれは俺が小学校5年生くらいの時のお盆の時だった
ちょうど何かの用事と重なって迎え盆に参加することができなかったんだ
それから数日経ち、送り盆の日に日付が変わった深夜2時頃
田舎の為、当然いつもならシーン・・・として物音一つ聞こえないはずなのだが
その時は外からする音に起こされた。
あきらかに人の声、しかもかなりの大人数でワイワイガヤガヤ聞こえる。
墓場は家から数件隔てた所にあり、距離も50Mくらいのところにある。
その音は徐々に墓場の方向へ行き、小さくなっていった。

今思えばあれは一体何だったのだろう・・・。
寝ぼけていたのと送り盆の日がたまたま重なっただけなのか。
それとも各家のご先祖達がそれぞれ墓へ帰って行ったのか・・・。
終電も終わり、周りに飲み屋もない場所なのに・・・。
しかも夜中にあれだけの大人数・・・。
とりあえずその日、親に話し線香をあげておいた。



116: 本当にあった怖い名無し ID:Xd4cvfkL
ここ1週間くらい、何故かどこへ行っても甘い化粧品のようないい香りがかすかにする。
家でも会社でも車に乗っているときも。一体何なんだろう。
使っているシャンプーとか石鹸などの匂いではない。
目をつぶって香りに身を任せるようにすると、ふんわりと何かが体を包むような
感じがしてとても安らかな気持ちになる。
同じような体験をした人いませんか?



117: 本当にあった怖い名無し ID:rBxf1aUj
>>116
それはいわゆる幸せのオーラってヤツさ。



120: 本当にあった怖い名無し ID:hOBi+bUF
良い匂いっていうのはいいと思うよ
事実はどうか知らんが天国では良い匂いがするそうな
地獄は臭いらしいよ
でもなんでそんな匂いがしだしたのかは謎だな
誰か香水付けた人があなたの持ち物に触ったとか無いの?



134: 本当にあった怖い名無し ID:QFs9SfKQ
二年前、仕事を終えて家に帰ると、居間に烏の羽根が
一枚(って数えるのかな?)置いてあった。
「これどしたん?」ってそこにいた父親に聞いたら、
「お母さんが烏と遊んでやったら、お礼に羽根、置いていったんやと」と言う。
昨日、会社に行こうと家を出たら、玄関に烏の羽根が一枚置いてあった。
「これどしたん?」と聞く前にそこにいた母親が、
「お父さんが昨日烏と遊んでやたったら、お礼に羽根を置いていってんて」と言う。
両親にとって私はまだサンタクロースを信じてるような年頃なのかねぇ。
それとも本当に二人とも、烏と遊んでやってるのかしらねぇ。(一体どうやって・・・。)
そもそもお礼に烏の羽根って・・・。



135: 本当にあった怖い名無し ID:yn+5yb7d
>>134
でもさ、なんか現代版鶴の恩返しっぽくね?
都会のカラスの知能向上は著しいものがあるし。
奴等なりに何か思うところがあって羽をおいていったんだよ。

まぁ、ホントのところは知らんがな。



156: 本当にあった怖い名無し ID:PqnzB3Dm
私の友人から実際聞いた体験談です
オカルト板の方々なら知ってるかも知れませんが
国書刊行会から出ている「法の書」という本を聞いたことありますでしょうか
私の友達はこの本を買ったのですが中身に袋とじがあり、その袋とじの内容文が

「本書は非常に強力な魔術パワーを秘めています。
封印を破って研究をなさるのは御自由ですが、決して本書を人身御犠・黒魔術・魔女集会・悪魔召還などに悪用しないで下さい」
と書いており真中のスペースには魔方陣みたいな絵柄があるんです
そして、またこんな文が
「封印開封後、九ヶ月後にいかなる災害・大戦争・天変地異が生じても、小社は一切の責を負いかねますので、開封にあたっては、その旨、ご了承下さい」

友達も興味本位で買ったのですがチキンな為ちょっと時間を置いて決心し袋とじ部分を開けました
友達は袋とじを開けた日カレンダーに○しました
「・・・でっ九ヵ月後何も無かったの」
「・・・・・・・」
「あったの?」
「・・・・ちょうど九ヵ月後ピッタリに阪神淡路大震災が起こってん」

ちょっと友人もシャレにならなくなったようです
この話どこでカキコすればいいか分からなくてココに書きました
長文ごめんなさい



164: 本当にあった怖い名無し ID:QhquvCEQ
>>156
私もその話聞きました。しかも専門学校の、大学から来てる先生から。
その先生は大阪の古本屋で見つけたそうですけど、
その本に前の持ち主の書き込みがあったって・・・。

「○月×日開封。9ヵ月後、阪神大震災。」
その他のところには
「実験後、湾岸戦争。」



166: 本当にあった怖い名無し ID:i/vzJktX
>>156
9ヵ月後だろうと、1ヵ月後だろうと
AとBに因果関係をこじつければ何でも可能。
その本は10年以上前に発行されているはず。

毎日毎日色々なことが起きている。
無理に結びつければなんでもあり。
地震の予言と同じ。




170: 156 ID:PqnzB3Dm
お返事有難うございます、実際昨日の夜から見ているんですが何語かも分からない文字があったりと苦戦です
じっさい魔方陣って文字と絵だけ描いた物なのに・・・字ってすごいなー

>>164
古本では何も九ヵ月後起こんなかったんでしょうか?
一度開けたらそれっきり?というのが気になって

>>166
たしかに一ヶ月に一度は事件事故って起こりますからね
本一冊にそんなパワー無いと私もちょっと思うんですが・・・


実際この本買って九ヵ月後何かあった人居るかなぁ



159: 本当にあった怖い名無し ID:mtRygI21
小学校低学年の頃です。

可愛がっていた、セキセイインコが死んでしまいました。
近くに川が有るので川に流してあげようと川へ向かいました。
河原は、石が引き詰められ歩くと”カリ”と”ジャリ”とか音がします。
その河原を50m程歩いて、橋の下の所まで行きました。

そこにしゃがんでインコを流そうとした時です。不意に、
「死にましたか」
と声がします。ビックリして後ろを振り向くと、痩せた女の人が立っていました。

「うん」

素っ気なく返事をして、再び、川の方を向きインコを流しました。
その時は、内心、”川に流すと怒られるのかな”、
”早く行ってくれないかな”とだけ思っていました。

「流れましたね」
「うん」

と言って、後ろを振り返ると誰もいませんでした。
唖然としました。
考えてみると、河原を歩く音もしなかったし、川の回りは5m位の石垣になっていて
川から出るには50m先の入り口まで行かなければなりません。
この時、”おばけだ”と思いました。

日が高いので怖さは何もありませんでしたが、不思議な経験でした。
白昼の出来事です。



167: 本当にあった怖い名無し ID:lqx8TUph
>>159
何とも言えない不思議な体験だね。
相手の女性も怖い感じがしないけどほんのり怖い。



168: 本当にあった怖い名無し ID:FeR1CoQs
>>167
それとまったく同じ話を、昔「あなたの知らない世界」で聞いたよ。
誰かは忘れたけど芸能人のおっさんの体験だった。
ただし、その話では川に流すのは死んだ飼い犬だったけど。
それ以外はそのまんま同じ。同じ川かな。



169: 本当にあった怖い名無し ID:gkEO3FyH
>>159
その女、インドに行ったら大忙しだな。



161: 本当にあった怖い名無し ID:kpBcvvWy
初カキコです。
リアル消防のころ、昼休みにサッカーしてたのさ。
んで、俺がゴール決めたら、ボールがゴールネットすり抜けちゃったのよ。
ゴールネット調べてもどこも穴は開いてないしネットの隙間からボールが出るわけないし。
いまだに謎。



174: 本当にあった怖い名無し ID:2nWkaR0/
>>161
ボールの物質波がネットの障壁の外にしみ出したんだな。量子論だなあ



162: 本当にあった怖い名無し ID:Ya9HyLnf
おー・・・相対性理論。



163: 本当にあった怖い名無し ID:LnUSRnw4
トンネル効果ってヤシだ



193: 本当にあった怖い名無し ID:KfmVNIa5
数年前の話です。
夜、いつものように自分の部屋でインターネットしてました。

何気なく履歴をひらいてみて「おや」と思いました。
自分は「表示した順」に設定してるんですが、明らかに見てないページが書かれてるんです。
そのときは2ちゃんをずっと見てたんです。
それが

Google 検索: らい!
Google 検索: らい!
Google 検索: らい!
Google 検索: らい!
Google 検索: らい!
Google 検索: らい!
Google 検索: らい!
Google 検索: らい!
Google 検索: らい!
Google 検索: らい!
Google 検索: らい!
Google 検索: らい!
ハンセン病とは何でしょうか

こんな履歴でした。
不思議なことに、板やスレッドタイトルが全く残っていないのです。

しばらくしてそのパソコンは壊れてしまいました。
改めて因果関係を考えてみると、気味が悪くなってきて、部品もとらずに捨ててしまいました。
私の唯一の不思議体験です。



194: 本当にあった怖い名無し ID:erADpI4n
>>193
こええええええええ!!!!!!!



195: マン・オン・ザ・タイトロープ ◆Man/NBzKY6 ID:VtGU6QdD
>>193
アリスの「チャンピオン」って歌を思い出した。



202: 本当にあった怖い名無し ID:TvOlYnNX
昨日、UN街のDr.内村診療所をねっ転がって見ていた時。
ドアがドンドン叩かれた。もう12時過ぎてるし、泥棒か宗教だと思ってそろーっと玄関まで行った。
「どちらさん?」というと「オレオレ! オレだよ!」と男の声。
オレオレ詐欺の真似するのは一人しかいない。俺がドアを開けると、案の定友達が立っていた。
俺が文句言ってるとニヤニヤ笑って、手話で『ごめんごめん』って繰り返してる。
いつもみたいに髪を立ててなくて、まるで坊ちゃんヘアだった。

とりあえず部屋に入れてぺプシをだしてやった。それから俺はUN街の続きを見てた。
すると、友達がテレビのまん前にやってきた。
俺「邪魔だよ」
友「わかってるっつーの」
何怒ってんのかわからん。ともかくもUN街がつまらない終り方を見せ始めたので、そのままでバイトの話なんかしてた。
そうしてる間、友達の様子が何か変だ。
喋りながら視線がキョロキョロしてたり、俺の腕にぶら下がるみたいにねっ転がったり。
気持悪いなあ、と思いつつ、家庭環境複雑な奴だしそのままにしてた。
 10分ぐらして、突然俺の肩に頭を乗せて下を向いて「あーーーーーー」とやりだした。
ゾクッとして固まる俺。なんだか二重に聴こえたからだ。
友「じゃあ帰るし」
俺「お…おう」
何をしにきたか分からない友達は、1時になる前に帰っていった。

で、今日。朝シフトの俺はバイト仲間と喋って血の気が退いた。
そいつは夜と朝2つの仕事をしてて、夜は友達と同じ仕事をしてる。
昨日UN街がやってたその時間、友達はホストの仕事真っ最中だったことだ。



203: 本当にあった怖い名無し ID:bcWPtdnV
>>202
ふつうに生霊、てか念が飛んでるだけだよ。
元気出るように、うな丼かカツ丼でもおごってあげて。



209: 本当にあった怖い名無し ID:JL9yizkK
>>202
その友達にもその時間なにしてたん?って聞いてみた?



210: 202 ID:TvOlYnNX
>>209
今寝てるから、起きたら聞いてみる。



211: 本当にあった怖い名無し ID:JL9yizkK
>>202
まずは、それを聞いた結果次第だね・・・。
ドッペルゲンガーでないことを祈る。
もしそうだったら友達の方が危ないかも。



212: 本当にあった怖い名無し ID:TvOlYnNX
ドッペルゲンガー同士が会うと死んじゃうんだね。

今電話してみた。
「仕事なんだから行ってない」
「キモイ」
「夢だ」
とそっけない。俺がヤバイ人みたいに言われたんだけど。
とにかく、外に出てないのは確実らしい。
普段からこんな風にそっけなかったり、妙に馴れ馴れしかったりする男。
二重人格が人格ごとに別行動する怖い話もあったけど、友達はAB型だけど関係あるのか?



213: 本当にあった怖い名無し ID:nJmDyIje
ドッペルゲンガーと当人な。



216: 本当にあった怖い名無し ID:IkN++nUR
私が、厨房の時の修学旅行での話。
あの時はちょうど今の時期と同じで湿っぽくって蒸し暑かった。
私の中学はテロ警戒ってこともあって田舎で近くに湖がある場所で宿泊訓練施設といった
ような各自分たちで料理を作ったりするようなところでした。

そこは、怪談があって、昔は墓地だったとか、処刑場があったとか。
女子たちの間では旅行前からいろいろと噂されてました。
旅行二日目の夜に予てから予定してあった肝試しをすることになりました。
各班8名ずつ6班で湖を一周して帰ってくるというものでした。
私の班は1番最初に出発したこともあって、もうゴール地点というところで、怪談話があるということで
男子一同、ここら辺を捜索しようと言い出し、まぁ時間もあることだしとみんなで探検ごっこをしてました。
ごっこを始めて数分がたったところで、前方に人影が見えた気がしました。
次の瞬間ぞっとしました。



218: 本当にあった怖い名無し ID:IkN++nUR
そこには、紛れもなく戦時中の日本兵が立っていたのです。
その日本兵は小銃を構えていました。
やベーよ、やベーよと逃げようとしていたら、日本兵が、何かしゃべっています。
日本兵は、「おまえらはてきか」とか「なにものだ」とか叫んでいます。
そこでホントにまずいと思いみんなに逃げようと合図をだそうとしたところです。
パーン!!
銃の発射音が聞こえました。

打たれたのは、男子の一人でその場で倒れていました。
私達は、打たれた子を3人で抱えてそこから走って闇雲に逃げました。
何分か走ってると学校の教師が僕らを発見してくれて助かりました。
私たちが発見されるまで3時間半かかっていたそうです。
でも私達はほんの2~30分くらいのことだったのですが・・・・。
それで、打たれたA君は不思議に傷がなく、意識を取り戻すのに3日かかりました。
旅行からかえり班全員でお払いを受けました。
今思うとあそこには日本兵の霊が帰ってきていたのだと時々思い出します。

長文、流れ無視スマソ。




219: 本当にあった怖い名無し ID:GPZwoTD6
>>216
それ、どこの国の話よ



224: 本当にあった怖い名無し ID:zUxxGl6v
>>218
誰何(すいか:誰だ?と聞くこと)されて返事をしない者は撃たれるというのが
戦争のきまり。



293: 本当にあった怖い名無し ID:O+gytwCg
8年前、神奈川の山の中で空飛ぶ火のかたまりをみました
長い尾を従えたかなり大きなメラメラ燃えるかたまりが
鳥よりは高く、飛行機よりは低い高度を真横に飛んでたんです
いん石?とも思いましたが、真横に飛ぶものなんでしょうか?
どなたか見た事ある方いませんか?



297: 本当にあった怖い名無し ID:E49uuqwQ
>>293 ほぼ水平に落ちてくるのはありえるかと。
俺も見たことあるよ。水平線の近くで遠かったけど。
スーッと横に燃えながら落ちていった。子供の頃だったので結構興奮してみてたよ(笑)



296: 本当にあった怖い名無し ID:c0rzT0q3
293みたいの私も見た鴨。
もう少し高度は低かったかな。しかも普通に東京23区内



313: その1 ID:RbF7/qAs
偶然の産物かもしれない話ですが。

数年前に彼氏がヤフオクで中古の250ccのバイクを落札しました。
古い割りに走行距離や程度も良く殆ど乗ってないようだったので、
多少手入れをすれば充分走るものが割りと安く落札できたと喜んで
いました。
引き取りに行き、現物を確認したところ風防に女の子の名前のシールが
貼ってあったのすが、出品者によるとその人が中古で入手した時から
貼ってあったそうです。
250ccの中でも小ぶりのバイクなので女性がオーナーのことも多い車種らしく、
そのときは別に何とも思わなかったそうです。

持ち帰ってからシールをはがし、掃除をし、手入れをして乗り始めました。
間もなく、飛び出した猫を避けようとしてプチこけして、軽いうち身、
翌月は路肩駐車の車の横を徐行して通り過ぎようとしたときに車のドアが
空いて転倒、擦り傷、打ち身でしばらく通院しました。
さらに翌月、前を走っていたバイクの無謀運転の貰い事故でまともに
こけて、肋骨3本骨折。
どの事故でもバイクは擦り傷程度で、走行に問題ない程度のダメージ
だけど、人の怪我はグレードアップしていく感じでした。



315: その2 ID:RbF7/qAs
初めの頃の事故は大した怪我でもないので「あらら・・・」と思いつつ
心配をし、怪我が小さくてよかったねと思う程度でしたが、
さすがに3ヶ月続けてどの事故も、不可抗力な状況で事故っているのが
話を聞いて怖くなった私は、浅草寺で身代わりお守りを貰ってきて
彼に渡そうとしましたが、オカルトや宗教ちっくな話は全く信じない人なので
受け取ってもらえず、笑って済まされました。
仕方が無いので、その御札は次に浅草へ行ったときに返してこようと
思ってそのまま私のドレッサーの引き出しの中に入れてしまいました。
その御札は小さな木の板のようなものが身代わり守りと書いてある和紙で
くるまれたものです。

3度目の事故の怪我が治って、またバイクに乗り始めて間もなく、
4度目の事故が起きました。
給油を終えて、道路に戻るために一時停止していたところにチャリに
乗って携帯をいじっていた女子高生が突っ込んできて転んでだひょうしに
あごを縫うほどの怪我をしてしまったのです。

一方でお札を返しに行こうと思って引き出しから出すために手に取ったら
中の板が割れていました。和紙の上から指でなぞったり押してみると
確かに割れています。
「あれ、割れてしまってる?なんでだろ?」と思うと同時にいや~な感じが
したのですが、その夜彼からのメールで昼間に自転車に突っ込まれて相手が
怪我をしたということを聞きました・・・。



316: その3 ID:RbF7/qAs
数日後、彼と会ったときに御札が割れたことを話し、もうあのバイクを
処分するか、もう1台の400ccだけ乗って欲しいと、真剣に頼み込みました・・・。

色々重なった上にその話を聞いた彼は、ついに問題のバイクを手放す決心を
したようで、その後ほど無くして中古車屋さんに売り払いました。
そして、
「前の持ち主は入手して何度か乗った後ずっと納屋に仕舞いこんで
いたらしい。だから程度が良かったんだけど、もしかしたら、前の持ち主も
何かあって乗るのを止めたのかもね・・・。
初めに貼ってあったシールの名前の女の子、もしかしたら、元々の持ち主か
その彼女とかで、死んでたりして・・・。」
とオカルトは気のせい、偶然と鼻で笑う人がつぶやいたのが忘れられません。

怖い話ではないのに長文スマソ。
あのバイクを売ってから、彼は無事故でずっと元気です。



408: 本当にあった怖い名無し ID:G1T9CDd5
子どもの頃、休日幼馴染の家で遊んでいたら昼になったんで、
昼飯食いに一旦自分の家に帰ることにした。

幼馴染の家を出て、20mくらい歩いた所で、不意に子ども2人の泣き声が聞こえた。
自分は何故かその声を聞いて、直感的に「男の子と女の子の声だ」と思い
何の気なしに声の聞こえてくる所へ歩いていった。
そこは表通りからは見えにくい民家と民家の間だったんだが、
「ここに泣いてる子どもがいるのだな?」と思って覗き込んだら
白い猫と黒い猫が2匹、同じポーズをしてこちらを向いていて、
子どもの泣き声だと思ったのは、その2匹の鳴き声だった。

しかしどうも猫の大きさがどう考えてもおかしい。顔も耳も猫のそれなのに
身体だけダルメシアンの成犬くらいの大きさがあって、
足も長いし体躯もすらっとしている。
子ども心に「何か変だ・・・」と一抹の不気味さを感じて暫く観察してたんだけど
そのうち腹がどうしようもなく減ってきたんで、一旦家で飯食ってから
もう一度ここに来て観察してやろう!と思った。

で、昼食を摂って戻ったんだが、もうその猫は居なかった。

今考えると、泣き声を聞いただけでどうして女の子と男の子だと
分かったのかも謎だし、何よりも猫の身体が謎。
ただの斑の出なかった白と黒のダルメシアンなんじゃねーの?と
自分でも思ったりするが、確かに顔は猫だったんだよなぁ・・・。

今でもたまに思い出す、不可解な体験。



410: 本当にあった怖い名無し ID:solrs2hM
>>408
血糖値が下がって脳がラリッていたのだよ



411: 本当にあった怖い名無し ID:4XB8muRu
猫の鳴き声は子供の泣き声に聞こえるからねえマジで



428: 本当にあった怖い名無し ID:54FD8bmL
思い出した人の話をひとつ。

会社の上司はPC音痴で有名。
その上司がエクセルを使ってるときにオレを呼んで、
『何回やってもエラーになっちゃうんだよ』 と困ったようす。

数式でエラーでも起こしてんのかな?と思って見てみると、
単に文字列打ち込んでるだけで、そのセルの書式とかも見てみるんだけど何の異常も無し。
再現させてもらうと確かに、同じ文字列を打ち込んでる途中の同じ場所まで打ち込んだ瞬間に、
アプリケーションエラーでエクセルそのものが落ちる。2回やってもらって確認した。

ためしにオレが同じ文字列を打ち込むんだけど、今度は落ちない。
既に原因不明で太刀打ちできそうにねえな、と思いつつ、そのセルをクリアして
その上司にもう一回試してもらうと「アプリケーションエラー」。

仕方ないのでオフィス再インストールしてWindowsUpdateかけて、
「多分これで、、、」って上司に引き渡したんだけど、
結局、同じ文字列の同じ箇所でエクセル落ちるのに変化無し。

オレが残業してその見積書作りました。orz、、、

PCとか機械類と愛称悪い人って居るんだよねえ。



430: 本当にあった怖い名無し ID:DZ3l/rlM
>>428
同じような事あったな。
部長のPCがおかしいって言うんで、部長の席に行って、電源を入れようとしたが
いくらボタンを押しても入らない。他の人がやっても入らない。

そこへ部長、「あ、これはボクじゃないと入らないんだよ、ほら。」
一発で起動!

PCがおかしかったのはディスクが壊れてただけだったが、その後交換やらなにやらで
電源入れるたびに部長にやって貰ってた。

押す時間とか、押す力とか(いくら何でも関係ないと思うけど一応ね)色々俺が試しても
全然だめ。不思議なPCだったなー。



431: 本当にあった怖い名無し ID:zZBAj8Jx
>>428>>430
これらの話って科学的に解明できるんじゃないの。
こういうのに詳しい人いないのかな。
今日一番気になる話だ。



432: 本当にあった怖い名無し ID:R1k4BE0V
>>431
再現性があるようだから、現場で調査すれば多分わかるだろうけどね。
たとえば、上司は何か別のキーを押しながら入力してるとか、わかりにくいところで特殊な操作してるとかね。

でも、文章からだけだと問題点が見えないからなんともいえないと思うよ。



433: 本当にあった怖い名無し ID:DZ3l/rlM
>>432
いや、部長はそんな細かい事ができる人じゃないし、どちらかと言えばPCには弱いよ。
それに見てても、一本指で電源ボタン押してるだけ。

「何故でしょうね?」って聞いたけど、
「さあ、ボクにもわからんなあ。とにかく人を選ぶみたいだねえ」と言われてしまった。

人を選ぶと言うより部長がPCに選ばれてるんだけどな…。



436: 本当にあった怖い名無し ID:54FD8bmL
>>432
こっちも人差し指タイピング上司なんで、変なキー押してるとは思えなかったんだよね。
一応オレSEだし、再現性のあるエラーだから、何らかの原因つきとめようとしたし、
実際、最低3回は目の前で「落ちるまでの操作」を確認したんだわ。

その上司がやると100%その操作で落ちて、
オレがやったら何回やっても落ちない。

正直、原因突き止められなくて己のスキルの低さを痛感しました。



435: 本当にあった怖い名無し ID:PYXyg9VY
一昨日の不思議体験。

夕方、自宅マンションを出て車に乗ろうとしたとき、ふと上から人が
落ちてくるような気がして立ち止まったんだ。
そのとき、自分が両手を広げて「飛び降りたらダメだ~!」って
やっている映像が浮かんだ。
で、マンションを見上げたんだけど、もちろん人影はなかった。

1時間ほどして帰宅すると、3人の警官が倒れた人の周りで作業中。
傷害事件の現場検証でもしているのかなーっと思って近づくと、
倒れている人の形が微妙におかしい…。
飛び降り自殺だった。

落ちた場所は自分が立ち止まって見上げた場所だったんだよ。
何だったんだろう…。



500: 本当にあった怖い名無し ID:Bea9LGo4
ウチの親父は建築屋なんだけど、俺が厨房の頃に後始末じゃないけど
修繕に二人で行った事あるよ。たらい回しされていた仕事を
請け負ったんだけどな。

アパート2階の住人が吐血して死んでいたのが、その血が1階の
部屋に染み落ちて来て気が付いたのね。(病死だった)
2棟あったアパートの住人、全員出て行ってしまったってさ。

畳とかは既に処分されていて恐い光景は目にする事はなかったけど、
黒く染み付いた床板はキモかったな。

ちょっとスレから離れた話しでスマンかった。



501: 本当にあった怖い名無し ID:EN+Q7fAJ
>>500
今さらで恐縮ですが、乙。
気持ち悪かっただろうにねえ。



502: 本当にあった怖い名無し ID:0Cubzjw3
>>500も乙だが、
いきなり天井から血が落ちてきた1階の住人の恐怖を思うと…



503: 本当にあった怖い名無し ID:CvLPObdx
ここで、よくバーン!っていう、衝撃音を聞いたっていうレス見るんだけど、
実は私も20歳位の時に、絶対に衝撃音が出るはずも無い場所でバーン!
っていう爆音を聞いたことがあるんです。

場所は2階のベランダで併設した自分の部屋だったんだけど、窓に向かって
何かがぶつかってきたような音がしました・・・。
(最初はUFOがぶつかった?と思ったくらい)
びっくりして腰抜かしそうになって慌てて外のベランダを見に出て行ったけど、
なーんにもなくて、「しーん」と平和な情景のみで「あれ?」「今のなに?」って
しばらく考えた後、「気のせいだよな」で済ましてたんだけど、
今となってここのレス読んでたら、ちょっと不安になってきた。

誰か、解明して~~。



504: 本当にあった怖い名無し ID:5Q+hC4ed
>>503
鳥が窓にぶつかっただけじゃない?家もそういうことあった。
稀にバカ鳥がベランダで気絶している事がある。



507: 本当にあった怖い名無し ID:/7BCm95G
>>503
ジェット機の衝撃音(ガラスが割れな程度の)



510: 本当にあった怖い名無し ID:CvLPObdx
うわ~ん(´・ω・`)
馬鹿な鳥か猫がぶつかったのかもってのは真っ先に思いついて、
隅から隅まで虱潰しに見渡して探したよーん。
でも、鳥も猫もいなかった・・・。

それに、バーンっていうか地鳴りのようなドーン!!って一瞬の出来事でかなりの
広範囲で大きい音だったから、動物がぶつかる的な音っていうようなのでもない。
壁全体にしたって感じの音。1反木綿がぬり壁と一緒にぶつかったくらいの音。
明らかに不自然な音。不可解な音。いまだに?????の謎でつ。

ちなみにその部屋では金縛り、消えてるはずのラジカセから深夜音が鳴ったり、
その頃かなり寝ぼけ癖があったのか不可解な現象が多々ありました。
一番怖かったのが、何日かに渡って毎晩夜中の同じ時刻に目が覚めてた。
でも当時は成長期(?)によくある幻覚とか寝ぼけてただけってことで片付けてましたが
スレ読んで同じ経験者がいてエェェェェェ!?って思って書き込んでしまいますた。
長文、スマソ。更に解明キボン。



512: 本当にあった怖い名無し ID:B3gyDhOj
>>510
それは2階のベランダに併設したキミの部屋の壁に1反木綿がぬり壁と一緒にぶつかったんだよ



606: 本当にあった怖い名無し ID:eIdhBanc
高校生の頃彼女と近くの公園で話してたら5.6歳くらい??の男の子が
「遊ぼうよー」って言ってきた。もぅ夜の8時くらいだったから
「暗くなっちゃってるから早く帰んなくちゃダメだよ」って彼女が言ったら号泣。

仕方ないから仕方ないから30分くらいブランコしたり鬼ごっこしたりして、
遊んであげた。その間その男の子はテンション上がりっぱなし。

「もう遅いから」って言っても聞かないから
「お兄ちゃんたちはこれから勉強しに行かなくちゃいけないんだ
もう暗いしお家まで送っていくよ」
っていっても
「まだ遊ぶ!一緒に遊ぼうよ!」
って押し問答。



607: 本当にあった怖い名無し ID:eIdhBanc
ちょっと頭の弱い子なのかな?って思って引いて来たから
「勉強しないとお母さんに怒られちゃうから」
って強引にその公園を後にした。

その後彼女と他の公園で話そうかって事でチャリ2ケツで移動。
1時間くらいかな?話したりジュース飲んだり?純情高校生のデートしてたら
また男の子が来た。補助輪付きのチャリで。

「もうお勉強終わったの?一緒に遊ぼうよ」って。

おいおいもう10時くらいだぞ…
小さな子が一人ぼっちで遊ぶ時間か?
しかもさっきの公園からここまでかなり遠いし。



608: 本当にあった怖い名無し ID:eIdhBanc
オレは思いっきり引いてたけど、彼女がもうちょっとだけ遊んであげようよ
って言うからまたまた鬼ごっこしてあげてたら急にうずくまって
「何すんの!何すんの!」って喚き出した。
「どうしたの?」って聞いても返事してくれないし、瞳孔開いちゃって目が座ってるし。

逃げねぇ?って彼女とアイコンタクトしてたら男の子が急に復活。
「お腹空いちゃったからもう帰るね」って笑顔で。
「お兄ちゃんたち優しいから宝物あげる」って機関車トーマスの絵が描いてある
ポケットティッシュをくれた。んで補助輪付きチャリもうダッシュで帰って行った。

小さな子の目が座った表情って本当に異様だったし、普通じゃない空気も感じとってたから
帰り道にあったゴミ捨て場に捨ててきちゃった。ごめん。



610: 本当にあった怖い名無し ID:eIdhBanc
でもそこで話が終わらないんだ。
家に帰ってリュックの中から物出してたら、リュックのポケットにトーマスのティッシュが。
彼女のいたづらだろうと思って「マジ冗談キツイよ」ってベル入れたら「何が?」って。
電話で聞いてみても「そんな事する訳ないじゃん!」って。

そりゃそうだよな。オレより男の子にビビってたし、ティッシュに触ろうともしてなかったし。
もう10年くらい前の話だけど、未だに補助輪付きのチャリ見るとあの事件を思い出すよ。

長文スマソ。。。



632: 本当にあった怖い名無し ID:bBICPQ3V
 ちょっとした錯覚(?)のお話。

 大学時代に住んでいたアパートは、細かな砂利が敷かれた路地の奥にあって、
路地の出入り口の両側は、各々一軒家になっていた。片側は生け垣だけれど
反対側はブロック塀で、問題なのは、路地の出入り口になっている塀の角の部分。
 どうも、このブロック塀の角、地面と接しているところが、U字溝のフタが外れて
ぽっかりと開いているような気がして仕方がない。実際に細かな砂利の下に排水溝は
通っているんだけど、ちゃんとコンクリのフタがしてあって、砂利が被さっている。
片足落ちるんじゃないかというような穴なんか、当然空いていない。
 視界の端で見ていると、黒い開口部が見えている。でも、きちんと視線を向ければ
普通に砂利が敷き詰められた路地の地面。そんな感じ。
 何度確認してもこの奇妙な感覚は消えてくれず、結局そのアパートに住んでいる間中、
ありもしない排水溝の「フタのないところ」を避けて通り続けた。

 ずっと自分だけの見間違いだと思っていたら、当時アパートに遊びに来ていた友人たちの
大半が、実は同じ錯覚を覚えていたらしかった。中には、「フタなんかあったっけ?」と
穴の存在自体疑わない猛者までいる始末。
 何の変哲もない路地の風景に、そんな錯覚を起こさせるどんな要因があったんだか、
いまだに分からない。



635: 本当にあった怖い名無し ID:mtY55JBk
>>632
面白いなあ。
足を突込んでみなかったの?
写真見てみたいけど、無いだろうな…



691: 本当にあった怖い名無し ID:H4r3nkWc
怖いってこともないんだけど、
うちの夫の寝言って日本語じゃないんだ。
英語でもなくて、タイ語とかベトナム語みたいな、
変な言語で話す。
本人は英語もできないし、すごい不思議。
夜中に謎の言葉でペラペラ話してるのを見ると、
ちょっときもち悪い。



695: 本当にあった怖い名無し ID:Rx5NeRDy
>>691
精神病で、自分語を造っちゃうっていう症状あるんだよね。
いや精神病じゃなくても造る人いるけど。



696: 本当にあった怖い名無し ID:NJZghj2N
よく「私は古代アトランティスの民の生まれ変わりだ」とか
言って、変な言語喋る人いるね。
そんな人同士で会話をしてるのは恐ろしいけどw



713: 本当にあった怖い名無し ID:cg/j27jx
ある日いつものようにベッドで爆睡していました。
すると突然、自分の体が20センチぐらい上から落下したような、
ドッシーーンという凄い衝撃が背中に走り、吃驚して目が覚めました。
これはいったい何だったんでしょうか。
実際に体は空中から落下したのでしょうか。



725: 本当にあった怖い名無し ID:KnhkU+Cg
>>713
俺物凄いスピードで寝返りうって壁にぶつかって、
跳ね返った衝撃で目が覚めたことがある。
自分では30cmくらいの高さから落ちたように感じたんだけど、
傍で起きてた友達は笑い転げてた。



755: 本当にあった怖い名無し ID:MbPk/vb1
>>713
それはよくある。結構ある。友達にも同じ体験した人が居た。
私はその衝撃と同時に階段から落ちる夢を見て
ガクン!!となって勢いで布団掴んだままベットから落ちて目が覚めました。
上から落ちる感覚ですよね。
多分変に力んでてそれが急に抜けた時に起きるのでは。



756: 本当にあった怖い名無し ID:B0iRdNX4
>>755
人は睡眠中(又は半覚醒状態)に無意識に起き上がろうとすることがあるらしい。
でも実際は運動を司る脳が眠ってるわけだから上半身を起こせない。
力及ばずガクッとなるときに 「落ちた」 と感じるようです。
そういう脳の状態では、実際は数センチの落差でも相当な無重力感と
着地時の衝撃を感じるらしいです。



781: 本当にあった怖い名無し ID:Q4Ed9azf
おれの友達が遊んでてデブの友達に押しつぶされたときに意識がとんだんだって。
そのとき夢を見たらしい。
真っ白な空間だが光が差し込んでいて、赤いカーペットが目の前にずーっと伸びている。
そのカーペットに沿って巨大な柱もずーっと立ち並んでいる。
頭上には巨大で綺麗なシャングリラ。
そしてすごく心地いい場所だったらしい。
まさに天国である。
とぼとぼ歩いていると、上から声が聞こえたらしい。
「○○!○○!」
そこで目がさめたらしい。
起きると皆心配そうに見つめていた。数分間意識がなかったらしい。
その後、彼は霊視のできるという人に2回ほど学校で知り合う。
その二人はまったく面識はなかった。
しかし二人ともに同じことを言われたそうだ。
「あなたの後ろには2つの何かが見える。ひとつはあなたを優しく見守っている守護霊かなにかのようだけど、
 もうひとつはいままで見たこともない黒い塊。得体の知れないなにかがあなたについています。
 とても強大で恐ろしいなにかを感じる。何なのかはわからない。」
彼はあの夢の中から何を連れてきたのか。。。。



782: 本当にあった怖い名無し ID:4d6wllCR
>頭上には巨大で綺麗なシャングリラ
 
一生天国にはたどり着けそうもありませんね



784: 本当にあった怖い名無し ID:946ZiQME
地底世界が頭上に見えるとってことは・・・地下よりも地下だから地獄なのか・・・?



787: 本当にあった怖い名無し ID:YKMYEkpD
「シャングリラ」って理想郷って意味だよね?
米軍ではトイレを意味すると聞いたことがあるけど(w




813: 本当にあった怖い名無し ID:6rxJGpb1
10年くらい前に家を新築している間、近所の借家に1年間住んでいた。
家族全員奇妙な体験をした。
私:借家に住んで1週間くらい毎晩耳元で静かな寝息が聞こえた。
何度も『自分の寝息?』と思い息を止めたりするがやはり聞こえ続けた。
金縛りはしょっちゅう。
母:ある晩、金縛りにあい苦しんでいると窓からフワッを白いモヤの様な物が
入ってきて体に張り付いてきたそうだ。ヌメヌメしていたらしい。
父:しょっちゅう悪い夢を見たり金縛りに合っていたらしい。
弟:隣の部屋に聞こえるくらいの大きなうめき声を上げながら金縛り。
その家は私たち家族が出た後借り手はすぐに決まったがすぐに出て行っている。
また違う家族が借りるがすぐに出て行っている。その後も借りては付くが
長くは住まない。家賃は物件の割には安い。
先日、そんな借家の事をふと思い出した。

そしてある事に気付いた。
1階の台所とその隣の和室がどんな部屋だったのかまったく
思い出せないのである。
何処に冷蔵庫があっただろう?何処にタンスがあっただろう?
母に聞いてみたら相当嫌な家だったようで半泣きで
『あの家、あの部屋の事は言わないで!なぜか分からないけれど
 とにかく思い出すと気分が悪くなる!あの家は気持ち悪かった!』
母も私と同じように台所と和室がどんな部屋だったか思い出せないらしい。
いわくつきの家だったのかな?



816: 本当にあった怖い名無し ID:o1rbkRzm
>>813
家から離れた場所にいて、ひとつづつ部屋を思い浮かべた時、
どうしても思い出せない部屋や場所がある場合、
そこにはいらっしゃるらしい。
簡単な識別テストらしいので、みなさんお試しあれ



818: 本当にあった怖い名無し ID:OrWkcB59
>>816
漏れが知ってるテストは
・家から離れて実験する
・まず誰もいない自宅を思い浮かべる
・想像で、玄関から入って、家の中のすべての部屋を歩いてまわる
・誰もいないはずなのに、どこかの部屋に気配を感じたら
(例えばドアを開けるのに抵抗を感じたり、ふすまの向こうに何かを感じたり)
そこにいるらしい
・波長が合えばその姿が見えるとか
・もし見えた場合、帰宅した時、見えた場所で実験した人を待っているそうだ



822: マン・オン・ザ・タイトロープ ◆Man/NBzKY6 ID:2AIdxnHd
>>818
こええ。



817: 本当にあった怖い名無し ID:6rxJGpb1
>>813だけど、やっぱり何かいたのかな?
自分は霊感とか特にはないから尚更気味が悪い家だった。
あと、よく考えたら思い出せないのがトイレ。
1階にはあったけど、どこにあったかが全く分からない。
それとある日両親がひどい夫婦喧嘩をした。
母が殺されるんじゃないだろうかっていうくらいの。
家族のバランスも崩れていたのかな?
新築に越してからは気味悪い事は全くなくなって平和です。



823: 818 ID:OrWkcB59
漏れのツレが試したら、玄関前に立ってたそうだ
帰宅したら玄関前で待たれてて
「おかえり!」
と元気良く?声かけられたとかw
ただ、自宅自体が結界を張ったような作りだったらしく、自宅内には入って来なかったらしい
毎朝、出勤する時に見送られる事だけが悩みの種だったらしいw



858: 本当にあった怖い名無し ID:wGWMnjW0
文章を書くのが苦手なので読みにくいものになってしまうと思いますが、ご了承ください。
私は、小学生の頃何度か連れて行かれたことがあります。
正確には連れて行かれていたのか連れ戻されていたのかもしくは自分で行っていたのかもわかりませんが・・・
連れて行かれるのは決まって目をつぶったときで連れて行かれた先には何もありませんでした。
暗いとか明るいとか白いとか黒いとかとにかく何にもありませんでした。
もちろん自分もありませんでした。
ただこちらに戻ってきたときにそのときの記憶があるのです。
宇宙が始まる前はこんな感じかなと漠然と思ったりしていましたが、それが何だったのかはよくわかりません。



859: 本当にあった怖い名無し ID:Gxx0V+Lf
白も黒もないって想像できない世界だな。
失明した人って真っ暗なのかな?
色としてはやっぱ黒だよなぁ・・・



860: 本当にあった怖い名無し ID:SlCTgygD
白も黒もない世界は体験出来るよ。 まず目をつぶる。 そして今度は
「見る」という事自体を意識しない。 これは決して簡単な事じゃない
と思うけどね。「意識しない」と意識しちゃだめだからね。 でもそれが
出来ると、「ああ、生まれつき目の見えない人はこんな感じなんだろうな」
というのがなんとなくわかる。 「目が見えない」と「視力という概念が
ない」の区別がつけば何色でもない世界って物も理解できるんじゃないかな。
…なんか自分でも何言ってるのかよくわからないがw



863: 本当にあった怖い名無し ID:BYZcb7cT